侮りがたい軽自動車の性能

“新車販売の実に40%近くを軽自動車が占めていると言われる近年、中古車市場においても、軽自動車の需要はますます高まってきています。

軽自動車は従来、燃費はいいけれどパワーはあまり無く、小回りはきくが安全性は乏しいと考えられてきました。しかし近年、エンジンの性能向上や事故防止アシスト機能の搭載など、軽自動車の性能は著しく向上しています。

車高が高いモデルが多く開発され、車内の居住空間もゆったりとしたものになり、子育て中の家族ばかりか、大人4人が乗って長距離移動が快適に行えるというデザインの物が人気となっています。多くを占める女性ユーザーの声を反映した細やかな気配りがなされた内装は、安い車の印象を払拭しています。

車高が高くなったことで荷物もたっぷり詰め、座席を倒せば自転車でも乗せられるほどです。サイドのスライドドアは乗り降りの際のスペースを必要とせず、子供やお年寄りにも安全でしょう。

税制改正で自動車税の普通車との違いは縮小されてしまいそうですが、それでも燃費の良さや操作性の良さなど優位な点は多く、軽自動車が今後も新車、中古車とも人気の商品であることに変わりはないことでしょう。”

中古軽自動車のニーズが高まる時期

“いつでも中古車市場で人気の高い軽自動車ですが、もし今持っている軽自動車を買取に出したいと思っていたら、どんな時期に査定に出せば、最も良い条件で買い取ってもらえるのでしょう。

自分用に所有する軽自動車を、もうすでに3回買い換えている友人の話では、やはり年度末の前が一番需要が高くなるので、そのころに査定に出すのが良いと思うとのことでした。

軽自動車を中古車市場で探している人の多くは、免許を取って初めて乗る車を探している若い人たちや、その友人のように主婦層なのではないでしょうか。学校を卒業しあるいは大学などに進学し、新しい環境になって免許を取得、自分用の車を手ごろな値段で探す若い人が増える時期、さらに転勤や子供の進学などで環境が変わり、自分用の軽自動車を探す主婦層が増える時期が、3月の年度末の前あたりなのだそうです。

今は、インターネット上の比較サイトなどで簡易な一括査定をしてもらえるサービスがあるので、利用してみるのも良いでしょう。査定に出す時期や会社によって、思いのほか金額に差が出るのだそうです。”

買取価格が下がらない軽自動車

“中古車市場において軽自動車の人気は高く、いつでも需要が供給を上回っている状態にあると言われています。

もともと新車で買ったとしても手に入れやすい値段の軽自動車が、かなりの走行距離を刻んでしまい年式も古くなってしまったような場合、まず買い取ってもらえると考える人が少ないのかもしれません。

しかし、中古車の市場というのは、メーカーの定める定価というものがある新車の市場とは違い、買いたいと思っている人が多ければ値段は高くなり、供給される車が少なければさらに値段が高くなるというマーケットです。ですから中古車市場では、普通車と違い、軽自動車の中古車としての価値がゼロになることは無いとまで考えられています。

私の友人の一人は、結婚して郊外に引っ越し、自分用の軽自動車を所有しているのですが、家族で乗るワゴン車の買い替えの際はメーカーのディーラーに下取りに出すのですが、軽自動車に関しては、インターネット上の比較サイトなどで一括査定をしてもらい、一番価格が上がった時期に、一番高い値段をつけてくれた会社に買い取ってもらっているそうです。”

なんと言っても維持費の安さが魅力

生活するうえでの脚代わりに車が無くてはならない地域で暮らす人たちにとって、軽自動車はなくてはならないツールの一つです。買い物や子供の送り迎え、病院や公共機関などに行く際にも、近所を動き回るのに軽自動車は必需品です。

軽自動車の利点は、女性にとっての操作性の良さや小回りが利くことなどの他に、何といってもその維持費の安さがあげられるでしょう。

軽自動車は燃費が良いので、大きな車で移動するのに比べガソリン代の節約になります。オイル交換やタイヤ代なども安く済みますし、定期点検の料金や、車検代も普通車に比べて安く済みます。高速料金も、軽自動車は普通車よりもお得です。

そして何より、自動車税などの税金が、普通車に比べ格段に安く済むのです。この軽自動車に対する税制優遇処置を軽減することが検討されているようですが、その差が縮まることはあっても普通車よりは安く済むことに変わりはないでしょう。

このように軽自動車の維持費の安さはユーザーにとっては大変な魅力です。中古車市場で軽自動車がいつでも供給を需要が上回っているのは、こういった理由からでしょう。

中古車市場で人気の軽自動車

中古車市場でいつでも需要のほうが上回っていて、欲しいと探している人がたくさんいると言われている軽自動車は、普通車と違ってかなり走行距離が嵩んでしまっていても、それなりの値段で買い取ってもらえるという話をよく耳にします。

もともと新車で購入したとしても、普通車に比べたら手ごろな値段で手に入れていて、主に女性ユーザーが使っている場合も多く、使い古した軽自動車が高い値段で買い取ってもらえると知っている人が少ないからかもしれません。

メーカーの定めた定価がある新車市場とは異なり、中古車の市場は需要と供給のバランスで値段が決まっていくものです。もちろん、もとの値段や中古車としての状態によって価格に幅はありますが、軽自動車に関しては、中古車としての価値が全く無くなってしまうことなどないとまで言われています。

もし現在所有している軽自動車を処分したいと考えているなら、まずは、インターネット上の比較サイトなどで簡単な一括査定を申し込んでみることをお勧めします。

まさに脚代わり・地方の家庭に1台はある軽自動車

結婚して郊外に家を建て、子育てに奮闘している友人たちは、家族で乗るワゴンなどの車の他に、必ずと言っていいほど自分用の軽自動車を保有しています。日々の買い物や、幼稚園の送り迎え、近所を動き回る際のまさに脚代わりという訳です。

交通機関が充実している都心と違って少し郊外に移ると、車が無くては暮らすことが出来ない生活になってしまうと皆が口を揃えて話しています。

そんな日々の暮らしに欠かせない軽自動車は、中古車市場でも大変人気のある車種になっています。大抵の家庭にとってのセカンドカーとしての軽自動車を少しでも手ごろな値段で手に入れたいというニーズは非常に高いのに対して、供給される中古車の量が追い付いていないのが現状だそうです。

ですから、もし軽自動車を買い替える際などに今ある車を処分したいと考えた時には、どんなに走行距離が嵩んでしまっていたとしても、一度は買取査定に出してみるべきだと言われています。こんな古い車…と思っていても、予想外の高い金額で買い取ってもらえるかもしれません。埼玉県に暮らす友人の一人は、軽自動車に限っては、買い替えの際中古車販売店に必ず買取査定してもらうと話していました。